グ ブラザーズが明かす『巫女っちゃけん。』秘話!!2月24日(土)新宿武蔵野館にてトークイベント決定!

グ ブラザーズが明かす『巫女っちゃけん。』秘話!!
夢も希望もオッパイもない巫女に、突然、舞い降りてきたのは、どーしようもない悪ガキだった。
暴力巫女のレッテルを貼られ、周囲の人たちから疑惑の目で見られ、警察からも児童虐待の容疑かけられ、追い詰められた巫女のしわすが、最後に取った行動とは・・・・・誘拐!?
ヒットを記念致しまして、グ スーヨン監督と、脚本を手掛けた具光然さん(監督の弟さん)をお招きしてのトークショーを実施いたします。なんとご兄弟でご登壇いただきます!
もう観た方も、これから観る方も、『巫女っちゃけん。』がもっと楽しめる機会になること間違いなし!
チケットの販売概要は下記の通り。
皆様のご来場をお待ちしております!
________________________________________
会  場:新宿武蔵野館(新宿区新宿3-27-10) TEL:03-3354-5670
日  時: 2月24日(土)   14:00の回上映後
登壇者:グ スーヨン監督/具光然さん(脚本)
※登壇者は予定につき、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
料  金:通常料金 / 全席指定席   ※前売券も使用可
発売日:オンライン予約販売:2月21日(水)24:00【=2月22日(木)0:00】より http://shinjuku.musashino-k.jp/
劇場窓口:2月22日(木) 開場時間9:30より (新宿武蔵野館劇場窓口にて)
販売方法
※本トークイベント回のチケットはPC・携帯などによるインターネット販売および劇場窓口にて販売いたします。電話でのご予約は受け付けておりません。前売券(全国共通前売鑑賞券)は、劇場窓口のみでの引換となります。
※チケットが完売次第、販売を終了します。
※チケットのご購入後の変更、払い戻しは致しません。
※特別興行につき、株主優待券(証)株主優待割引・招待券はご使用になれません。
※場内でのカメラ(カメラ付き携帯を含む)、ビデオにより撮影・録音・録画は固くお断りします。

セントラルシネマ宮崎初日舞台挨拶決定!!

『巫女っちゃけん。』2月17日(土)初日舞台挨拶決定!!

●セントラルシネマ宮崎
2月17日(土)14時00分の回 上映後、舞台挨拶
登壇予定:山口太幹さん(宮崎市在住)/グ スーヨン監督
※登壇者は、やむを得ない事情により急遽変更となる場合がございます。予めご了承ください。

●舞台挨拶回のチケットは、セントラルシネマ宮崎の劇場ホームページ(http://www.mcc-9.jp/)にて発売中です。
なお、前売券もご利用いただけますが、座席指定券とのお引き換えが必要です。
前売券の座席指定券とのお引換は、セントラルシネマ宮崎劇場窓口にて行っております。(営業時間内)
※満席になりましたら、チケット販売及び、前売券の当日座席指定券との交換を終了させていただきます。予めご了承ください。

超短編映画アニメーション 「巫女っちゃけん。」(全10話)の声優に 広瀬アリスが挑戦!!


公式ホームページ(URL:mikomovie.com )にて第1話第2話第3話公開!!
アニメ「巫女っちゃけん。」

この度、絶賛全国公開中の広瀬アリス主演映画「巫女っちゃけん。」の超短編映画アニメーションを公式ホームページ(http://mikomovie.com)にて公開することになりましたのでご案内申し上げます。
アニメ「巫女っちゃけん。」は巫女しわすとケンタのシニカルでちょっとブラックな会話のナンセンスなストーリーをアニメーションで表現しました。登場するキャラクターは、映画にも登場するガサツな巫女役のしわす(広瀬アリス)と健太(山口太幹)似のゴミ袋をかぶったケンタ。しわすの声は広瀬アリス、ケンタの声はグ スーヨン監督。
この「巫女っちゃけん。」は1話90秒のアニメで全10話で構成。2018年1月15日~19日に第1話~第5話までをこの映画の製作員会にも入っているRKB毎日放送「今日感テレビ」内で放送。また、2月11日、12日、18日、19日、25日にの第6話~第10話を同じく、RKB毎日放送「よんナビ」内で放送予定。
そこでこれまでに放送されたアニメ「巫女っちゃけん。」の第1話「神様登場」第2話「バチ当たり」第3話「参拝ビート」を映画「巫女っちゃけん。」公式ホームページで2月13日(火)午前11時より公開する運びとなりました。この機会に、是非、ご覧ください。アニメ「巫女っちゃけん。」を観てから映画「巫女っちゃけん。」を観るか!?映画「巫女っちゃけん。」も見てからアニメ「巫女っちゃけん。」を観るか!?

********************************************************************************
<「巫女っちゃけん。」概要>
・内容:映画公開に合わせてアニメを制作。1話90秒。
巫女しわすとケンタのシニカルでちょっとブラックな会話のナンセンスなストーリーをアニメーションで表現。
・(タイトル)
第1話「神様登場」
第2話「バチ当たり」
第3話「参拝ビート」
第4話「神様登場アゲイン」
第5話「ハズレのおみくじ」
第6話「ハズレの人生」
第7話「雲の上」
第8話「神社の授業」
第9話「宇宙」
第10話「探検隊」
※アニメ各1話分90秒

しわす: 広瀬アリス
ケンタ: グ スーヨン

製作:「巫女っちゃけん。」製作委員会
企画:GooTV / モロトフカクテル / RKB毎日放送
プロデューサー:片岡公生 / 小野祐司
キャラクター画:グ スーヨン
脚本:グ スーヨン
音楽:Lowland Jazz
アニメーション制作:株式会社MUGENUP
アニメーション演出:ハンカス フォーカス
©「巫女っちゃけん。」製作委員会
********************************************************************************
<広瀬アリスコメント>
「巫女っちゃけん。」のアニメは映画同様、ゆる〜い感じです。
ケンタの声をグ監督がやられ、面白かったです。監督の声のトーンを機械で少し変えるということで伸び伸びとやられてました。笑
基本アニメの終わりがけのやり取りは、アドリブで楽しく録りました。
声のお仕事は初めてではないですが、やはりなかなか慣れないもので…
ドキドキしてましたが、監督が隣にいてくださったので、良い緊張感の中でアフレコを行えました。

<グ スーヨン監督コメント>
キッカケは、現場でしわすを描いたリリー・フランキーさんの落書きでした。
ササッと描いた落書きなのに、表情豊かなイラストになっていたのを見て、これはアニメにしよう!と思いついたのです。
早速リリーさんに話したところ、快諾してくれたのですが、なにしろ忙しい方なのでなかなか本番を描く時間が取れず、結局「ボクがこれもらって描いても良いですか?」リリー「いいよ〜」ということで、ボクがケンタと一緒に描き起こしました。
90秒という短いものなので、映画の巫女と子供という設定だけをリンクさせて、神社やあり得ない場所でのナンセンスなストーリーにしました。
がさつな巫女とオッサン臭い子供というキャラクターなので、監督の間合いが一番合ってるんじゃないかとプロデューサーに言われ、声も担当させていただきました。お聞き苦しいところは笑ってやってください。
可愛くなり過ぎないように創ったので、大人の方にも楽しんでもらえるのではと思っています。

☆「巫女っちゃけん。」ロケ地MAP☆

ロケ地を廻れば、バチ当たらんけんね!!

◆ふくつ観光協会プレゼンツ『巫女っちゃけん。ロケ地マップ』
これがあれば、「巫女っちゃけん。」がより判り、より楽しめる。
新宿武蔵野館/渋谷TOEI/イオンシネマシアタス調布/シネ・リーブル梅田/イオンシネマ名古屋茶屋
の各劇場にも設置されています!!
映画「巫女っちゃけん。」を観て、マップを持って、旅に出よう!!

「“バチ”は外!福は内!!」⾖まきで⼤ヒット祈願!バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶ご報告リリース

バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶には、本作の主演である広瀬アリスを筆頭に⼭⼝太幹、原⼝あきまさ、MEGUMI、リリー・フランキー、仁村紗和、グスーヨン監督と、本作を華麗に彩る豪華なキャスト陣が登壇。

MCより、公開初⽇を迎えた感想を聞かれた広瀬は「やっと初⽇を迎えることができました。撮影が終わってから1年半経ちまして、健太(⼭⼝太幹)も無事成⻑しまして、とても嬉しく思います。」と再会を喜んだ。さらに、今年年⼥になった広瀬が改めて映画を観た感想を聞かれると「12年に1回なので、良い⼀年にしたいと思います!」とコメント。本作が映画デビュー作となる⼭⼝は、セリフが無い難しい役柄に選ばれたときのことを聞かれ「台詞のない役だとはわかってなかったんですが、オーディションに受かったときは嬉しいなと思いました。」と答えた。リリーは広瀬について「まだ23歳なのに銀座で1軒店を持ってそうな雰囲気」と述べ、グ監督がオーディションで⼭⼝を選ぶ決め⼿にもなったという特徴的なおでこをしきりに撫でたりと、リリーの⾔動に始終会場からは笑いが起き、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

そして、「バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶」という名の通り、公開初⽇が2⽉3⽇の節分ということで、「“バチ”は外!福は内!!」という掛け声に合わせて⾖まきが⾏われ、映画の⼤ヒットと会場の観客の幸せを祈願。会場の後ろまで⾖が届かないとのことでリリーの粋な計らいで、全員が客席に降りて⾖をまきに回るというサプライズもあり、会場は⼤いに盛り上がりました。

最後の挨拶でリリーは「神社をテーマにして、本当の神社を舞台にして撮るという、これまでもこれからもないものを監督が撮ってくださって、観ていただければわかりますが、広瀬アリスの瑞々しさがすごくよく映った映画だと思います。」とコメント。仁村は「普段は⾒れない巫⼥さんのお仕事を楽しんで観ていただけたら嬉しいなと思います」と述べ、原⼝は「映画の中ではものまねをやらないと決めて挑んだのですが、若⼲、柳葉敏郎さんが出ていた感じがしたと思われます。2回⽬、3回⽬を観るときはその辺も楽しんでいただければなと思います。」と会場の笑いを誘い、MEGUMIは「毎⽇めちゃくちゃなことばかりおっしゃっているリリーさんが宮司で、ああいうシチュエーションに⽴つことによってとても崇⾼な気持ちになって、私⾃⾝も気持ちが整うような撮影をしておりました。神社の⼒だなと思いました」とコメント。⼭⼝は「オーディションで選ばれて夢のような経験をしました。⾊んな役のできる俳優を⽬指すので応援お願いいたします。」としっかりした受け答えで⼤⼈たちを感⼼させ、広瀬は「観終わったあとに、背中をすごく押してくれるわけでもないんですけど、なんか頑張ろうと、初⼼を思い出させてくれる作品になってると思います。⼭⼝太幹の応援も是⾮よろしくお願いいたします。」と笑顔でコメントし、笑いが絶えないままにバチ祓い福まき初⽇舞台挨拶は幕を閉じました。