「“バチ”は外!福は内!!」⾖まきで⼤ヒット祈願!バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶ご報告リリース

バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶には、本作の主演である広瀬アリスを筆頭に⼭⼝太幹、原⼝あきまさ、MEGUMI、リリー・フランキー、仁村紗和、グスーヨン監督と、本作を華麗に彩る豪華なキャスト陣が登壇。

MCより、公開初⽇を迎えた感想を聞かれた広瀬は「やっと初⽇を迎えることができました。撮影が終わってから1年半経ちまして、健太(⼭⼝太幹)も無事成⻑しまして、とても嬉しく思います。」と再会を喜んだ。さらに、今年年⼥になった広瀬が改めて映画を観た感想を聞かれると「12年に1回なので、良い⼀年にしたいと思います!」とコメント。本作が映画デビュー作となる⼭⼝は、セリフが無い難しい役柄に選ばれたときのことを聞かれ「台詞のない役だとはわかってなかったんですが、オーディションに受かったときは嬉しいなと思いました。」と答えた。リリーは広瀬について「まだ23歳なのに銀座で1軒店を持ってそうな雰囲気」と述べ、グ監督がオーディションで⼭⼝を選ぶ決め⼿にもなったという特徴的なおでこをしきりに撫でたりと、リリーの⾔動に始終会場からは笑いが起き、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

そして、「バチ祓い福まき初⽇舞台挨拶」という名の通り、公開初⽇が2⽉3⽇の節分ということで、「“バチ”は外!福は内!!」という掛け声に合わせて⾖まきが⾏われ、映画の⼤ヒットと会場の観客の幸せを祈願。会場の後ろまで⾖が届かないとのことでリリーの粋な計らいで、全員が客席に降りて⾖をまきに回るというサプライズもあり、会場は⼤いに盛り上がりました。

最後の挨拶でリリーは「神社をテーマにして、本当の神社を舞台にして撮るという、これまでもこれからもないものを監督が撮ってくださって、観ていただければわかりますが、広瀬アリスの瑞々しさがすごくよく映った映画だと思います。」とコメント。仁村は「普段は⾒れない巫⼥さんのお仕事を楽しんで観ていただけたら嬉しいなと思います」と述べ、原⼝は「映画の中ではものまねをやらないと決めて挑んだのですが、若⼲、柳葉敏郎さんが出ていた感じがしたと思われます。2回⽬、3回⽬を観るときはその辺も楽しんでいただければなと思います。」と会場の笑いを誘い、MEGUMIは「毎⽇めちゃくちゃなことばかりおっしゃっているリリーさんが宮司で、ああいうシチュエーションに⽴つことによってとても崇⾼な気持ちになって、私⾃⾝も気持ちが整うような撮影をしておりました。神社の⼒だなと思いました」とコメント。⼭⼝は「オーディションで選ばれて夢のような経験をしました。⾊んな役のできる俳優を⽬指すので応援お願いいたします。」としっかりした受け答えで⼤⼈たちを感⼼させ、広瀬は「観終わったあとに、背中をすごく押してくれるわけでもないんですけど、なんか頑張ろうと、初⼼を思い出させてくれる作品になってると思います。⼭⼝太幹の応援も是⾮よろしくお願いいたします。」と笑顔でコメントし、笑いが絶えないままにバチ祓い福まき初⽇舞台挨拶は幕を閉じました。